教育・指導体制

新人研修(討論形式)/ 技術者、弁理士向け

所内講習

 単なる座学ではなく、新人による自主的なグループ討論形式の研修です。

 弁理士がよく遭遇するテーマに関する事例に対して、担当新人がその対応策などを発表し、その後全員で討論し、講師のベテラン弁理士がコメントするものです。
 この研修で目指すのは、事例に対する課題把握とその解決策の提案能力、口頭発表能力、コミュニケーション能力などの向上です。

■ テーマの具体例
・特許を取る(出願する)価値とは
・提案型の発明発掘活動をするためには
・顧客との発明発掘、特許出願の打ち合わせのコツ
・特許を活用した競合参入の阻止
・侵害警告を受けた場合の対応