知的財産メールマガジン

 

本メールは、
セリオ国際特許商標事務所の『知的財産メールマガジン』に
ご登録いただいている方へ配信しております。

 

=============================================

『知的財産メールマガジン』
第5回 顧客と秘密保持契約(NDA)がある場合の特許出願の留意点

=============================================

 

いつも、弊所ウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

第5回は、企業経営者・技術者・営業・知財、そして弁理士を対象とした
弊所弁理士 谷川正芳によるレポートをお届け致します。

 

 

━━ レポート ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 顧客と秘密保持契約(NDA)がある場合の特許出願の留意点

 

Q:顧客Aと秘密保持契約(NDA)を締結しているテーマについて、
当社単独で特許出願をしたいと考えていますが、
その際の留意点を教えてください。

 

A:NDA違反とならないように注意すること以外にも、顧客Aへの...

 

続きはコチラ→ https://serio-pat.com/wp/?p=1965

 

 

 

━━ バックナンバー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

知的財産協会の講師も務める弊所顧問 吉田敏男による
シリーズ連載第5話をお届けします。

 

■ 過去を振り返って -コンパクトディスク(CD)プレーヤを支えた特許- 第5話

 

 今回は、ワイヤー、バネなどの弾性体によって支持された型式の
2軸デバイスをも権利範囲に取り込むように、
特許出願後に分割出願や発明のシフト補正がなされた
注目すべき2つの特許について記述してみたい。

 一つ目は、日本の知的財産表彰の中で最も権威ある全国発明表彰において、
平成5年度発明協会会長賞を受賞した特許である。

 

 この特許は...

 

続きはコチラ→ https://serio-pat.com/wp/?p=1556